<< 2004年1月15日〜2004年5月5日 一時退院、其の六 | main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

2004年1月15日〜2004年5月5日 一時退院、其の七

山崎(ヤンマー)とは、学生時代からの友人で、一緒に色んな時間を過ごしてきた間柄だ。

結構インドアな学生時代を共に過ごし、反吐が出るくらい胃に酒を流し込み、下らない事でだらしなく笑い、行き過ぎた悪乗りを繰り返してきた仲である。

彼にまつわる話は山ほど有るが、長くなるのでタイトルだけ。
救急隊員の話
入れんでヤらしての話
大文字焼きの話
尿道ゴミ詰まり事件
思い出すだけで笑ってしまう。
本編に関係ある話が一つあるのでそれはまたいつか。

彼が2004年4月16日(だっけ?)に挙式する事が決まっていて、それを聞いた頃は多分立ち会う事は無理だろう、と思っていた。

しかし入院が延びた為、幸か不幸か、2次会だけど参加出来る事になった。
伏見のハードロックカフェ。

3次会にはJB’Sにて彼と一緒に運営しているロックDJイベント「CATCH THE SUN」が予定されていた。
でも、そっちは、行けない。ってか、行かない。
行きたいが、行かない、それは決めている事。

2次会には古くからの友人が沢山来ていた。
正直、発病してからあんなに人が居る所へは行った事が無かったので、勝手にテンションが上がった。
ビールを無茶苦茶飲んだ。
2次会でも他のメンバーがDJをし、司会を担当した。

同じく学生時代からの友人であるthe ARROWSの坂井竜二が『マドベーゼ / ハナレグミ』を歌った。

色々な人に会った。

卒業と同時に名古屋を離れていった奴、結婚して妊娠中の奴、誰かの元カノ、誰かの元カレ、何だかんだ。

皆僕の病気を知っていて、何だか照れくさかった。

それで帰るのは何処か寂しかったので、3次会の前に2.5次会を企画し、トイレに籠ってしまう位そこでも結構飲んだ。

休憩しながら色んな話をした。
自分の病気の話、学生時代のアホな話、お互いの仕事の話、既婚者は旦那の話。。。当然の事ながら、ある程度生きていれば皆、色々ある訳で、それでも集まった時は楽しい時間を過ごそうとする、そんな時間がとても貴重に思えた。

じゃ、って軽い感じで皆と別れた。
僕はこの世界にまだ居たい。けど、その前にやらないといけない事が待っている。だからその直前にこうして皆と会えたのはとても意味があるのだ。

で、2.5次会も終わって、皆3次会に向う。
中日ビルの裏辺りまで歩いた。

そのまま女子大の「一番星」でラーメンを食べ、更に帰り道のドナリで友人の彼女と2人でワインを一本飲んで帰った。
明らかに飲みすぎた。

学生時代に戻ったかの様なキラキラした夜だった。


実は、トイレを借りにJBの中へ侵入した。

自分との決め事があるので本当にトイレを借りただけで足早に外へ出た。
でも、おしっこしながら爆音で流れる音楽を聴いてて、泣けてきた。

そんな夜も、ある。

《続》

at 02:16, kentaweller, ずっと前 vol.1

-, -, -

スポンサーサイト

at 02:16, スポンサードリンク, -

-, -, -